• ニュース

    NEWS ニュース

投資管理サービス『マイトレード』の正式版スマートフォンアプリを提供開始
~すべての個人投資家に自己管理・分析を~ APP

2017-11-20

株式会社テコテック(以下、テコテック)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモの新規事業創出プログラム「39works※1」のもと、個人投資家の投資管理を支援するサービスの検討を進めてまいりました。
この度、テコテックは業界初※2の投資管理FinTechサービス『マイトレード』(以下、本サービス)の正式版スマートフォンアプリ※3(基本無料、月額有料プラン)を2017年11月20日(月)より提供開始いたします。

本サービスは個人投資家の投資管理(現状は東証福証札証上場株式・ETF等のみ)に特化したアカウントアグリゲーションサービスです。類似の家計簿アプリでは扱われていない「株価データ」および「証券会社サイトの取引履歴等の詳細な情報取得※4」により、業界初となる投資活動の視覚的な振り返りや分析を可能としています。特に、株価チャート上での取引履歴の表示や、銘柄ごとの損益集計が好評を得ています。さらに今回、ドローダウン(下落幅)分析や保有期間分析等の新機能が加わりました。ご利用者さまの意見をもとに、今後も積極的に管理・分析機能の追加、対応金融商品の拡充を行う予定です。

マイトレード開発チームは、39worksの「小さく生んで大きく育てる」理念のもと、自らの戦略・判断で株式等を積極的に売買する「自分で投資」を好む個人投資家に向けてベータ版の「マイトレード」を提供し、フィードバックをいただきながら改善を図ってまいりました。その結果、3,500人を超える個人投資家(25人以上の億トレーダー、500人以上の数千万トレーダー含む)の方々に証券口座をご登録頂き、ウィークリーアクティブ率(WAU)が60%を超える、高い継続的な利用率を得るに至りました。また、利用者の年齢層は、40代以上が40%以上を占め、スマートフォンアプリを主軸としたサービスとしては異例の、ミドル・シニア層からの強い需要も確認できました。こうした実態と流入・定着状況に鑑み、潜在的な利用者層(一部の資産でも自己判断で投資を行う個人投資家)は非常に多いと考え、今回の正式版のリリースにより、3年間で100万人の個人投資家ユーザーの獲得をめざしていきます。また、本取り組みによって、「貯蓄から投資へ」という社会的な課題、証券市場の活性化に貢献してまいります。

※1 39worksの詳細は別紙をご参照ください。
※2 株式会社テコテック調べ
※3 先行無料ベータ版を2017年3月30日から提供しています。PCブラウザ版は引き続きベータ版での提供になります。
※4 対応証券会社は別紙をご参照ください。

プレスリリース 本文・別紙
プレスリリース 参考情報(Appendix)


pagetop