スタッフの声

テコテックは知恵と創造により
社会の梃子(テコ)として貢献するよう、
2019年も日々挑み続けます。

実績以上に「ここで成し遂げるんだ」という意志を評価する会社。未経験でも諦めずに思いを発信すれば"最先端"に挑戦できる環境です!

ブロックチェーン事業部
部長

藤下 雄規

(2016年入社)

アニメやゲームが好きでエンタメコンテンツを作りたいと思っていたのですが、総合化学メーカーに新卒入社し研究員として勤務しました。しかし、数年を過ごすうちに持っていた思いが高まりゲーム業界への転職を決意。未経験だったので書類選考で落ちてばかりだった中で門戸を開いてくれたのが当社でした。面接日に受付で会った社員に「頑張って下さい」と声を掛けられて感激。入社の決め手になりました。

ゲームディレクターを経て、現在はブロックチェーンを活用した取引システムに関わっています。未成熟で答えがない市場の中で、自分の意思と行動が後のルールとなり規制になっていく。先駆者としてのやりがいを感じています。

私が未経験で入社できたのも、視座を変えてみたいと直談判して現在のポジションに移行できたことも、すべて「自分で動こうとしている者にはチャンスを与える」という会社の姿勢があってこそ。
実績がないと諦めずに、ひとまず気軽に応募してください!

自発的に技術を磨き仲間と共に成長し、常に新しいことにチャレンジを。

マイトレード事業部
マネージャー
アプリエンジニア

古谷 健

(2015年入社)

IT企業でのアプリ開発経験を経て、もっと自由に開発が出来る、また多様な開発に携わってチャレンジ出来る会社を探している時にテコテックに出会いました。

テコテックでは、今は、金融関連(Fintech)や、コンテンツ開発(ゲームアプリ等)が主な事業ですが、知識、技術の面で、各分野でのプロフェッショナルが育っていると感じています。
プロジェクトを超えての意見交換も多く、テコテックでは自発的な意見が求められるので、指示を受けて行動に起こすというよりも、自ら動くことが大切だと実感することが多いです。

Androidアプリ開発者として入社し、いくつかのプロジェクトの開発を担当し、現在は、新プロジェクトとしてスタートした投資管理アプリ「マイトレード」のアプリ開発リーダーを担当しています。
アプリ開発のみならず、社外の担当者と企画検討を行ったり、開発メンバーのスケジュール調整など幅広い業務を行っています。
現在の担当は、個人としては関わったことのない金融分野のアプリ開発ですが、今までの他の分野での知識も活かせると共に、勉強をしながら日々様々なことを吸収し、成長出来る場面が非常に多いと思います。

今後もプログラマーとして技術向上を行いながら、視野を広く持ち、様々な分野の開発に挑戦していきたいと思っています。

自発性や自主的行動を評価する風土があり入社後も「行動すれば目に留まる」と実感。自己アピール力のある人が活躍できます!

マイトレード事業部
サーバーエンジニア

関 秀郷

(2015年入社)

前社では組込みシステムの開発エンジニアを経て、営業を6年経験しました。やはり開発をしたいという思いが高まり、スマホアプリの経験を積みたいと当社へ。未経験でしたが、自分なりに勉強してベースを作り面接でアピールしました。当社は自発性や自主的行動を評価する風土があり、入社後も「行動すれば目に留まる」と実感しています。自己アピールを厭わない発信力がある人は、力を発揮できるでしょう。

現在は、自社サービスの『 myTrade 』のパートナーアライアンスの運営や管理に携わっています。『 myTrade 』は投資管理アプリのトップ。そんなプロダクトに関わっている自負がやりがいですし、証券業の知識を得られる面白さも感じています。

日本ではまだまだ投資文化が根付いていません。『 myTrade 』は投資履歴を振り返ってリスクを防ぐのにも役立てられます。『 myTrade 』をブラッシュアップして、ユーザーの裾野を広げていきましょう!

中学生の頃からゲーム業界に入りたくて、高校、専門学校と情報処理を勉強。プログラマーとして就職後、ディレクターへとステップアップしてきました。

コンテンツ開発事業部
ディレクター

東畑 信吾

(2014年入社)

クライアントからのオーダーや自社発想でゲームを企画するのがプランナーで、その企画を具体的なゲームにするプロジェクトのまとめ役がディレクター。両方を兼ねることも多く、私もプロジェクトごとに役割が変わります。大きな案件だとプランナーやデザイナー、エンジニアなど十数名が参加し、企画開発からバージョンアップ、イベント設定までをプロジェクトのチーム全員で行うことになります。

発想力が何より大切な仕事ですし、私も普段から意識的に映画やマンガを見てヒントを探しています。買い物をしても食事をしても、「これ、ゲームにならないかな」と考えます。そんな自分のアイデアを、「面白いでしょ?」と世の中に発信できて、その反応がダイレクトに戻ってくる。苦労を超えるやりがいがある仕事です。

テコテックは少数精鋭で裁量の範囲が広く、何でもできるのが魅力ですね。ゲーム以外の事業を手がけているのも、安定感につながっていると思います。

あれもこれもと色々やっていきたいエンジニアにマッチします。経験やスキルよりも「挑戦したい」という意欲や自主性を採用基準にしています!

管理部

岩田 稚景

(2018年入社)

以前は、人材会社で新卒向けキャリアアドバイザーとして勤務していました。IT業界の求人が多く成長性を感じて興味を持ちました。また、投資をしている友人の多くが『 myTrade 』を使っていたんです。フィンテックがキーワードのベンチャーであり『 myTrade 』開発企業であった当社で働きたいと思ったことが、志望理由です。

現在は、人事・研修・採用担当。制度が整っていない面もあるので、社員の意見を取り入れながら働きやすい環境にしていきたいですね。

当社のエンジニアは、新しいもの好きで技術に対する探求心が強い。決まったことだけというよりは「あれもこれも!」と、広くやっていきたいという方に来て頂きたいです!エンジニアが主役でアットホームな雰囲気なので、伸び伸びと過ごせると思います。

経験よりも「やってみたい!」「チャレンジしてみたい!」という意欲ある人を積極的に採用していますので、ぜひご応募ください!

1日の流れ

  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

システムエンジニアのとある1日の流れ

  1. 10:00

    出社・メールチェック
    出社後に、メールや作業依頼などの連絡をチェック。自分の作業時間や打合せの時間など1日のスケジュールを想定してから作業に入ります。
  2. 10:30

    定例・社内ミーティング
    進行中のプロジェクトのメンバーが集まり、作業の進捗報告・1日の作業内容の報告・スケジュール感のすり合わせなどを全員で行います。
  3. 11:00

    デスクワーク
    まずは、出社時に確認した作業依頼をこなしていきます。その後、作業中のタスクをこなしていきます。自分の中で優先順位を決め、その優先順位に沿って作業をします。
  4. 13:00

    昼食
    プロジェクトメンバーと時間を合わせて一緒に外でランチをすることが多いです。ランチの時は仕事の話よりも、共通の趣味の話題で盛り上がります。
  5. 14:00

    デスクワーク
    午前中に行っていた作業の続きを行います。その他にもクライアントやユーザーからのお問合せ対応も行います。
  6. 16:00

    クライアントと定例ミーティング
    クライアントとの打ち合わせでは、進行中のプロジェクトについての進捗確認や開発要件などのすり合わせを行います。必要な資料があれば事前に準備します。
  7. 17:00

    ミーティング内容の整理
    クライアントとのミーティングでメモしたことを一度読み返し、同席したメンバーと認識のすり合わせや相談などを行います。
  8. 17:30

    デスクワーク
    残っている開発作業を行います。クライアントとのミーティングで議題に上がったことの調査をしたり、時には社内ミーティングを行うこともあります。
  9. 19:00

    退社
    退社の30分前に今日の作業を整理し、進捗報告を行います。また、翌日にやる作業内容の確認をして、朝一から作業に入れる準備を行ってから退社します。

プロジェクトマネージャーのとある1日の流れ

  1. 11:00

    出社・メールチェック
    出社後にクライアントやユーザーからのお問い合わせメールの確認や、エンジニア・デザイナーからの確認依頼などの連絡をチェックします。
  2. 11:30

    デスクワーク
    クライアントへの回答や、指示書の作成・改修要件のとりまとめなどを行い、各作業者へ依頼します。
  3. 14:00

    昼食
    出社時間が遅いので、ランチの時間も遅いことが多いです。遅い時間帯なので人気のお店でも待ち時間なしで入れることがあります。
  4. 15:00

    外出(クライアントと定例ミーティング)
    クライアントとの打ち合わせでは、プロジェクトの進捗報告や運用スケジュールの確認、機能追加の場合は仕様のすり合わせなどを行います。
  5. 17:00

    社内ミーティング
    プロジェクトメンバーが集まり、進捗の確認や仕様のすり合わせなどを行います。
    クライアントとの定例ミーティングなどで行われた話をプロジェクトメンバーに展開し、今後の方針などを決めたりもします。
  6. 18:00

    デスクワーク
    仕様書の作成や残っている作業や、コンテンツの確認作業などを行います。新規案件がある場合は工数計算や費用の見積りなどを行うこともあります。
  7. 20:00

    退社
    各作業者の進捗確認やタスクの整理を行い、翌日のスケジュール確認してから退社します。